×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

働く主婦の脱毛サロンリサーチなう

働く主婦の脱毛サロンリサーチなう

主婦の私。心と向き合い方

私は自分の両親の教えの中で、反発心の方が勝ってしまっていたので、ずっと親に対してフン!と思う事が多く、
そのまま自立の道を選びました。
それはそのときはそれしか出来なかったのでしょうがないのですが、そのままの私は自立どころから自分をどう生きたらいいのか分からないふわふわの人間でした。
子供の頃から、心との向き合い方を学びそびれてし待っていたようです。

 

それに気づいたのは、一人ぐらしを始めてからです。
いままではわがまま言いたい放題で親と接していたので、それが出来なくなって、でも退任にはいい顔ばかりをしていたら、ストレスが無意識に溜まるんです。
そして一定量になるとうつとなって出る。
これおかしいな〜と対策も分からずにいました。
それを数年間に何度も繰り返し、その欝を乗り越えるたびにステップアップした自分に出会えていたので、それはいい時期なのではないかと自分で受け入れる事にしました。

 

でもどうしてそうなってしまうんだろう・・・
そこが疑問でした。

 

それを知りたくて、一回人生をリセットする意味で、実家にもなかなか帰れない遠いところへ引っ越してみようと。
それは行きたい場所でもありました。
北海道です。
さっそく引越しを決意し、準備も進めました。
新しい暮らしで自分をリセット。
自分らしく生きるを自分の目標に。
最初の何年かは出来ましたが、次第にまたいつものじぶんへ・・・
どうしてなのか、
そんな時ブルーウィンズの真美先生の講演会を聞きました。
そこでは自分の心との向き合い方を教えてくれていました。
今まで私は、じぶんがどうしたいか、ではなく、他人から見てどうか、に自分のしてんが合った事に気づきました。
それからは自分がどうしたいか、を中心に生きることに。
そして自分の心を分かってあげる一番の人は自分。
自分と向き合うことを決意しました。
嫌いな自分ばかりですが、少しづつ好きになるようにその自分を受け入れる作業を今しています。

それぞれにあわせた脱毛を!姫路でサロンデビューしたい!

私は10代の頃から脱毛を初めて、友達と、海やプールに行く時にムダ毛処理を特に心がけていました。ムダ毛と言っても一ヶ所ではないので、それぞれの部位に合わせた脱毛が大切です。
当時の私は、腕や足のムダ毛も脱毛クリームや除毛クリームといった商品を使って行っていました。それは、独特のにおいがしたクリームで、クリームを塗ってしばらく時間をおいてから、付属のヘラを使ってクリームで縮れた毛を取り除くもので、おもしろいようにきれいに取ることができました。ワキの毛の処理もそれを使っていました。あとは、ワキ毛用の電池式シェーバーなども併用していました。
最近は、お風呂タイムにカミソリでムダ毛処理をするのが中心で、なぜかと言うと、やはり簡単に毎日行える手軽さがあるからです。ただ、どの処理にも共通して言えることなのですが、やはり、ワキの毛の処理は自分でやるとどうしても納得できる仕上がりではないということです。毛根がどうしても残ってしまうので、黒い点々のようになってしまい、それがコンプレックスになり、思いきり手を挙げたりすることは恥ずかしくてできません。夏は、ノースリーブの服を堂々と着たいのに、腕を動かすと、その隙間からムダ毛が見えてしまうのではないかという思いがどうしてもあって、つい半袖のカーディガンを羽織ったりして、ワキが見えにくい工夫をしてしまいます。
そんな思いを抱えて、30年過ごしてきたので、今年こそずっと実行に移せなかった脱毛サロンに初挑戦して、きれいなワキになって、ノースリーブやお気に入りの服を思いきり楽しみたいと思っています。
なのでそろそろ脱毛サロンを探したり、通い始めないと夏までに間に合わなくなってしまいます。なにせ脱毛は時間がかかるものだからです。
私も近所のサロンのリサーチを始めています。どうやら私の住む姫路市内にも脱毛サロンはけっこうあるみたいです。
どこに行こうか迷いますけど、とりあえず今流行っているからミュゼプラチナムがいいかなーなんて思ってます。
そんな感じで今年の夏は今まで以上にお洒落を楽しめるいい季節にしたいなと思います。
姫路 脱毛

 

顔は無理!と叫んでしまったニードル脱毛

最近の永久脱毛の主流は、フラッシュ脱毛で痛みは随分と少なくなっています。
この方法での脱毛は、次ももう一回受けてみようかなと思えるのですが、最初にほんの数分試しただけで、もう無理!と叫んでしまったのが、ニードル脱毛でした。
ニードル脱毛は、日本に永久脱毛が浸透し始めた初期の頃の方法ですが、一番脱毛効果が強いということで、今も一部クリニック脱毛などで扱っているところもあるようです。
しかしながら、この脱毛方法なぜクリニックでのみ残っているのかというと…一言で、「痛いから」といえるでしょう。
毛根一つ一つに針を刺し、そこに電熱を通して毛根を焼いて永久脱毛をするという方法の、ニードル脱毛。
手間ひまがかかるということで、お値段が高いのも悩みの一つですが、それ以上に体験者をしり込みさせたのが、その痛さでした。
医療系のクリニックで行われる脱毛は、麻酔を利用してもよく、また何らかの皮膚トラブルが起きた際には塗り薬や張り薬といった処方も可能でしたのに対し、一般の脱毛サロンなどでは麻酔などは禁止されており、そのまま皮膚にニードルを刺して焼くという方法でした。
その痛さは想像以上で、私の場合は受けてすぐ、「もういいです!」といって、施術をストップしてもらいました。
お試しということで、もともと少ないニードル回数の予定だったのですが、実際は10回も刺さなかったように思います。
その後色々調べて、ニードル脱毛の場合は麻酔ができるところでないときついと知りました。
本当にVラインや顔脱毛などはニードル脱毛だと本当に痛いと思います。
脱毛サロンで取り入れられているのはこのニードル脱毛ではなく光脱毛という方式。これはニードル脱毛ほどの効果は出ませんが、それでも十分な効果を得ることができて、なによりほとんど痛くありません。
痛いのはいやだという方はまずは光脱毛から挑戦したほうが絶対にいいと思います。

料理の時間を短縮中

30代になり、食生活に本当に気を配るようになったなぁと、つくづく思う今日この頃です。
特に、穀物野菜の栄養の高さに感激して なるべく毎日食べるようにしています。

 

20代の頃はかなり偏食で、夜ご飯がポテトチップスとアイスクリームを食べて終わりとか
急にサンドイッチが食べたくなってコンビニのサンドイッチが夕食。
友達とピザのデリバリーを頼んでビールをお供にたらふく食べる。
今思うと、本当に信じられないし 無頓着すぎる…。

 

だけど、20代の時よりも確実に自由な時間が減ってしまったので
効率よく調理できるように、料理の時間が短くて済むように色々と試しているところです。
そしてそれが意外にとっても楽しい!新しい趣味になりつつあります。

 

まず、イモ類に火を通してストックとし 5日以内に消費できなかった具材は小分けして冷凍保存する。
ジャガイモ、かぼちゃ、里芋、サツマイモなどをよく使っています。

 

あとは大豆を2カップほど茹でて、これも使い切れなかった分は冷凍保存します。
調理済みの大豆は、和風サラダに乗せたり、生春巻きの具材として、お好み焼きの生地に入れても美味しく頂けます。

 

鶏のささ身を茹でで細かく裂いたものもストックしています。

 

続いて、厚揚げも作る時は二丁、三丁とたくさんで煮て 残りは小分けにして冷凍できます。 
炊き込みご飯なんかも多めに作ります。この時に鶏のささ身のストックが役立ちます。

 

おかげで体型が昔とあまり変化なく、ダイエットとは今のところ無縁です。
自炊している充実感も味わえて、身体も、気分的にもずっと調子がいい。
その代わり外食の時は、お寿司など家で作れないものを思いっきり楽しむ!
本格的な中華料理なんかも家では作れないので、外で食べるのがやっぱり美味しいです。

脱毛サロンが安い!全身脱毛する人が増えています

現在では多くの地域で脱毛サロンが普及してきているのではないかと推測されています。そのため、積極的に脱毛サロンを利用する人が増加することに大きく寄与しているとみられており、高い関心が寄せられているのではないかと思います。
様々なタイプの脱毛サロンが見受けられるようになったことも大きく注目を集める要因として挙げられているため、幅広い年代の人から興味を抱かれているのではないでしょうか。
全身を脱毛するひとも昔より遥かに増えたと思いますし、キャンペーンなどで割安なワキなどちょっとした部位はさらに多くの人が脱毛サロンで脱毛していることでしょう。
 都市部においてはこのような傾向が非常に顕著に見受けられていると推測されており、このようなエリアでの脱毛サロンの利用者の飛躍的な増加が今後も期待されていくでしょう。また、これまで利用したことの無い人が、都市部において脱毛サロンを活発に利用するケースもしばしば確認することができるようになるのではないかとみられています。このような動きが広がりを見せることにより、都市部以外にも脱毛サロンが普及していくのではないかと考えられているため、強く期待が持たれるようになるのではないかと思います。

 

 若い世代の人々を中心として脱毛サロンは利用されてきていますが、これからは若い人に限らず幅広い年代層の人々が利用するようになるのではないでしょうか。そのような動向の変化を見越して各々の脱毛サロンでは多様な取り組みを見せるのではないかと推測されています。それにともない激しい価格競争も繰り広げられていて、消費者目線だとありがたいのかもしれません。そのため、美容業界ではこのような脱毛サロンの全身脱毛の発展に関する動向には、注目が寄せられていくのではないでしょうか。

 

 

ワキもVライン毛深い、、、コンプレックスを解消してくれた脱毛!

昔から毛深くて、小学校から本当にムダ毛には悩まされてきました。周りと比べても一段と濃く、長く、フサフサとなびく自分の毛を見て何度タメ息をついたことか・・・。
大人になってもワキはもちろんVラインなどにもコンプレックスを抱き続けていました。なのでいつしか脱毛サロンなどの永久脱毛に憧れを抱くようになったことも言うまでもありません。

 

でも、今思い返しても幼い頃は間違ったムダ毛処理の方法をしていたなぁ。ガムテープ(ひぇ〜!)、カミソリをそのまま素肌に(カミソリ負けも多々)、毛抜きで抜きまくるなんて当たり前、肌も悲鳴をあげていたでしょう。でも幼心に、腕の毛、足の毛、本当に恥ずかしかったんです。

 

大人になって、給料を手に入れた社会人1年目、もちろん行きましたとも。脱毛サロンへ。最初はとても半信半疑で、「本当に生えてこなくなるなんてあるわけない」と思ってました。でも、「この腕毛の半分でも生えなくなったら人並みになれる!」っていう動機で通い始めました(笑)

 

私が通い始めたのは“光脱毛”。ヒヤッと冷たいアイスノンで肌を冷やしパチッと光を当てて終わりです。ほとんど痛さは感じません。輪ゴムでパチッと当てたぐらいの感覚ですね〜それよりもアイスノンの冷たさの方が個人的にはびっくりするぐらいです。

 

通って半年・・・まず腕のみ契約したんですが、毛がみるみるなくなっていき、本当に現代の技術にビックリ、驚き、感謝感謝です。もちろん、今ではVラインや顔など、全身施術してツルツルです。あのムダ毛をケアする労力はいまや無縁です。

 

そういえば先日、脱毛サロンに行ったら「キッズ脱毛メニュー」なるものを発見しました。いまやお子様も脱毛する時代なんですね。私が幼いころに、コレがあったらガムテープを全身に貼って毛を抜く罰ゲームみたいなことはせずに済んだんでしょうね(笑)なんとうらやましい現代っ子!
Vライン 脱毛

脇とひざ下の脱毛に通っています(自由が丘在住)

私は、3年ほど前から、脇の脱毛を始めました。
自由が丘近くの脱毛サロンをまず検索してヒットしたいくつかを調べて気に入ったサロンを一つ見つけました。
キャンペーンで、たしか1680円だったと思います。
一度目に施術してもらった後に、太い毛がぽろぽろと抜けて、
とても感動した事をおぼえています。
6回ぐらい通ったくらいで太い毛はほとんどなくなってしまい、お手入れもかなり楽になりました。まだもう少し産毛程度の毛が残っていますが、あまり気になるほどではありません。ちょっとカミソリで剃れば、この夏にはキャミソールも着ることができそうです。たとえ剃るのを忘れたとしても、恥ずかしいほどではないので、今年こそはキャミソールを着てみたいです。

 

脇がとても綺麗になったので、気になっていた膝下の脱毛もはじめました。
脇はキャンペーンなどがあり、とても安くできるのですが、ほかの部位はちょっと高め。でもお友達を紹介した事などから結構な額の割引があり、膝下は8回で2万4千円ほどで始めることができました。

 

先日4回目のひざ下脱毛に行ってきました。半分ほど過ぎましたが、まだ太い毛が残っています。でも、だいぶ薄くなってきたのではないかな、と思います。
脇では指摘されたことがないのですが、ひざ下はよく乾燥するので乾燥にはきをつけなくてはなりません。乾燥した肌では、お手入れの効果が出にくいようで、私も一度施術を断られたことがありました(そのまま施術するより、良心的だと思いますが)
特に冬は乾燥しやすいので、顔用の化粧水を塗るなどして、乾燥防止しなければなりません。

 

あと、私は主婦でよく膝をついて拭き掃除をします。そのためか、ひざが黒ずんでいて、その部分は施術できません。

 

脇と膝がきれいになってきたので、気になりだしたのが腕のムダ毛です。光脱毛で、長期間通わなければならないのが気になりますが、腕がきれいになったら素敵だな、と思います。

 

始めるなら、最初から全身脱毛するのがいいのかも、と思います。そっちのほうがトータルでは安くなるのかなと。
とにかくワキ脱毛なんかはどこのサロンでもすごく安くなっているみたいなので、サロン脱毛は高いんじゃないの?と避けていた方は是非一度自分の目で調べてみた方が良いと思いますね。

 

脱毛 自由が丘

脱毛サロンに通うならキャンペーンは無視できない

脱毛というワードは男性にとっても気になるものです。
ヒゲが濃いから、体毛が濃いからといった理由からです。
出来ることなら永久脱毛をしたいと考えることもありますが、年を重ねるとヒゲを生やしてみたいなと思ったりもします。

 

日本人ではまずほとんど見受けませんが、ヒゲの濃い・・恐らくは産毛だと思うのですが濃い方は稀にいらっしゃいます。
接客業の際に同僚にそういう方がいらっしゃったので。
実のところ口周りに毛深い方というのは、相対する側からしてみるとかなり気になるもの。
それが異性ならば特にです。
男性と同様に一度口周りをチェック。可能ならば剃っておけばヒゲと違って急激に伸びることもないでしょうから。

 

また、それとは別に脱毛することによるリスクもあると思います。
体毛というのは外部からの刺激を防ぐためにもありますから。
お医者様ではないので不明ですが免疫系統や冷えに関するものも併発するのではないかとも思います。
人間の体は一定期間一部を冷やし続けるだけでも重大な疾患につながったりする。
冷えの予防の一つに体毛があると思うんですね。
確かに男性から見た場合、異性の体毛が濃いというのはイメージがよくありません。
ただリスクもあるのではと私は思ってしまう訳です。
特に体の弱い方ほど体毛が濃くなりその部位を守ろうとする働きがあるのでは・・・?
ご決断をなさる前にお医者様とのお話をよく聞かれた方が良いと思います。
メリットとしては異性のイメージはよくなると思います。
普段そういった体毛を気にして着ることが出来なかった服装にもチャレンジ出来るということ。
メリットとデメリットを私たちはよく知るべきだと思うんですね。
まず脱毛の前に、その辺を深くご考慮されることを願います。

 

ともかく近年脱毛しようとすれば簡単にできる環境になってきています。
脱毛サロンは街中に行けばかなりの量ありますよね。ミュゼプラチナムやTBCといった大手のサロンは電車の中吊り広告などでも見かけます。
それを見ると本当に安くてびっくりします。キャンペーン価格という名の客寄せなのだとは思うんですけどね。

 

脱毛サロン キャンペーン

 

私は現在自分で脱毛をしていますが、うまく処理できなくて困っています。脱毛器自体はそれほど悪くありません。どちらかというと私のムダ毛が濃いということに問題があります。

私は現在自分で脱毛をしていますが、うまく処理できなくて困っています。脱毛器自体はそれほど悪くありません。どちらかというと私のムダ毛が濃いということに問題があります。
私のムダ毛は小さい頃から太くてしっかり生えています。しかもそれが全身を覆っていて、多少の処理ではきれいな肌にすることができません。脱毛しても絶対に数本濃い毛を残してしまうし、抜いた後は毛穴が真っ赤になってひりひりしてしまいます。だから頻繁に脱毛することができず、だいぶ伸びてきてから脱毛器を使ってます。
でも毛が伸びてきてからだと目立ってしまうので意味がないんですよね。私の濃いムダ毛は、少し生えてきただけでもちくちくしたり遠目でも見えたりして恥ずかしい思いをすることになります。中途半端に毛が生えている状態で他人に肌を触られたらきっとじょりじょりして引かれることでしょう。
その状況が嫌で私はなるべく人前で肌を見せないようにしています。脱毛している跡を見せたり触らせたりするのは絶対に嫌です。どうしても肌を見せなければならなくなった場合は、他人を寄せ付けないようなオーラを放ったり、隅の方に行って一人で佇んでいたり、そういった寂しい存在にならなければいけなくなります。
私の神経が細かすぎるのはわかっていますが、それくらい濃いムダ毛にコンプレックスを持っているということです。脱毛をしたからと言ってこのコンプレックスはなくならないので、できれば仙台駅あたりの脱毛サロンに通って美肌を手に入れたいですね。
参考 脱毛仙台

秋や冬にも気になるひざ下やわきの下のむだ毛

 むだ毛の悩みといえば、夏の間のことと思われます。そして、実際わたしも夏の間は気をつけています。しかし、秋や冬にも気をつけないといけないと思っています。
 秋や冬に特に気をつけたいのがひざ下のむだ毛です。秋や冬にはタイツやストッキングを履くことが多くなります。その時、ひざ下のむだ毛がタイツやストッキングから透けて見えてしまうこともあります。そうなるとせっかくのスカートスタイルが台無しになってしまいます。そんなことから、秋や冬にもむだ毛には気をつけたいと思っています。
 また、脇の下のむだ毛にも気を配りたいものです。脇の下は、ノースリーブでなければあまり目立たないように思われがちです。しかし、実際には、白っぽいブラウスの生地から見えてしまったりもするのです。おしゃれに気を配るならば、このようなことにも気をつけたいものです。
 こんな理由から、むだ毛の処理は夏だけでなく、1年中おこなっています。正直いって、面倒だと思うこともあります。そのため、脱毛サロンの広告にも目がいってしまうのです。でも、その値段を考えるとトライしてみる勇気がわかないのです。なんだか高そうに思えてしまうのです。でも、プロの手によってきれいに脱毛できるのは魅力的に思われます。そんなことから、経済的に余裕ができたら選択肢にいれてみたいと思っています。近くの福岡駅らへんにも脱毛サロンできてるみたいです。
 脱毛ということは、身だしなみのひとつだとも思っています。髪の毛の手入れをするのと同様にむだ毛も処理をすることが必要だと思っています。
参考 福岡脱毛

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ